たじま内科クリニック

たじま内科クリニック

MENU

舌下免疫療法

Sublingual immunotherapy

舌下免疫療法についてSublingual immunotherapy

舌下免疫療法

スギ・ダニによるアレルギー性鼻炎でお困りの方を治す可能性があるアレルゲン免疫療法の一つとして効果的な手段です。

アレルギーの原因物質を舌の下側に投与して粘膜から少しずつ体内に吸収させます。治療を継続することで症状を和らげていきます。
実施する医師には講習が義務付けられており、治療が可能な医療機関は限られています。

トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ

アレルゲンを体内に入れる方法はいくつかありますが、スギ・ダニによるアレルギー性鼻炎に対する方法としては2つあります。1つは注射を用いた皮下免疫療法、もう1つは舌下免疫療法です。舌下免疫療法は、注射による痛みが無いこと、病院に毎週のように通う必要が無いこと、副作用の発症率が低いことから安全な方法として注目されています。

治療期間

長期間(3~5年)、継続的に毎日1回行う必要があります。
投与量は、増量期(スギ:1~2週目、ダニ:1週目)と維持期(スギ:3週目以降、ダニ:2週目以降)により異なります。

治療方法

スギ花粉から抽出したエキス(シダトレン)を舌の下に滴下します。舌の下に貯めたまま2分間じっと我慢し、飲み込みます。
最初の2週間は少しずつ量を増やし、3週目より通常量の薬を毎日投与します。ダニによるアレルギー性鼻炎の場合、ミティキュアダニ舌下錠を舌の下に貯めたまま1分間じっと我慢し、飲み込みます。その後5分間は、うがいや飲食を控えて下さい。1回目の舌下投与は当院にて行ないますが、それ以降は毎日自宅で投与して頂きます。

よくある質問

すぐに効果は出ますか?
残念ながら舌下免疫療法はすぐに効果の現れる治療ではありません。アレルギーの原因物質を少しずつ体内に取り込み、免疫を整え、体質を改善する治療となります。
そのため治療期間が長くなることはご理解ください。また、100%の患者さんに有効とは言えません。さらに、途中でやめた場合にも効果が期待できません。
開始時期に注意点はありますか?
スギ花粉が飛散する3ヶ月以上前より治療を行うと効果的です。スギ花粉の飛散する時期には治療を開始しません。
年齢は関係ありますか?
スギ花粉症の舌下免疫療法は12歳以上が健康保険の対象となっています。
誰でも受けられますか?
詳細は確認する必要がありますが、基本的に以下の方は受けられません。まずはご相談ください。
  • 妊娠している
  • 喘息や気管支喘息の症状がひどい
  • 重度の口腔アレルギー症候群
  • 口腔内に傷や炎症などがある
  • ステロイドや抗がん剤、β阻害薬などを使用している
副作用などはありますか?
口腔内のかゆみ、唇の腫れ、のどの刺激感、喘息、腹痛などの軽い副作用が発生する場合があります。
安全ですか?
使用するエキス薬はスギの花粉から抽出した自然のものを利用しております。そのため、ごくまれにアナフィラキシー反応のあることが報告されています。
そのためアレルギー専門でかつ舌下免疫療法の登録医のいる医療機関で治療することが必要です。
スギ花粉以外はありますか?
日本で舌下免疫が可能なアレルゲンは現在スギ花粉症とダニによるアレルギー性鼻炎だけです。
海外では雑草などの花粉症対策として治療薬がありますので、スギ花粉の舌下免疫療法が広まれば、他の花粉についても日本における治療の可能性が高まると考えられます。
ハウスダスト・ダニによる通年性アレルギー性鼻炎に対して舌下免疫療法を行うことで,症状の改善がみられますか?
通年性アレルギー性鼻炎の患者に対して舌下免疫療法を行うことで,症状の改善が期待できます。
薬物療法が奏功しないハウスダスト・ダニによる通年性アレルギー性鼻炎に対して舌下免疫療法を追加することで 効果がありますか?
舌下免疫療法を行うと症状の改善と薬物の減量が可能です。また薬物療法が奏効しない症例に対しても症状の改善効果が期待できます。
ハウスダスト・ダニによる通年性アレルギー性鼻炎に対して舌下免疫療法を行うとその後の喘息の発症を減らすことができますか?
17歳までに3年間以上、舌下免疫療法を継続すると喘息の発症を有意に抑制し,その効果は舌下免疫終了後も持続することが期待されます。
舌下免疫療法は,他抗原(多重抗原) による鼻炎,合併する気管支喘息に対して効果がありますか?
アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法は,他抗原(多重抗原)による鼻炎,合併する気管支喘息に対して効果が期待できます。
ハウスダスト・ダニによる通年性アレルギー性鼻炎を持つ喘息患者さんに舌下免疫療法は有効ですか?
コントロール不良のアレルギー性鼻炎合併喘息患者さんに対して、舌下免疫療法が喘息増悪リスクの低下に有用であることが示されています。ただし肺機能検査で、%FEV1が70%以上あることの確認が必要です。JAMA 2016; 315: 1715-25

以上の詳細につきましては、舌下免疫療法の指針をご覧下さい。

まずはご連絡頂き、アレルギーの検査結果などから舌下免疫療法を行うか確認いたします。お気軽にご相談ください。