たじま内科クリニック

たじま内科クリニック

MENU

院長挨拶

Greeting

かかりつけ医として、優しく、温かく、
寄りそうクリニックを目指して

院長 田島 俊児

呼吸器内科医としての診療経験も20年が過ぎ、総合内科専門医として16年、呼吸器専門医として13年、呼吸器指導医として7年が経ちました。この間、群馬大学附属病院、自治医科大学附属病院、新潟大学附属病院、済生会新潟第二病院で、最先端の医療に携わってまいりました。

当クリニックは呼吸器・アレルギー疾患の患者さんはもちろん、地域の皆様に末長く貢献できる「かかりつけ医」として、「Y:優しく」、「A:温かく」、「Y:寄りそう」クリニックを目指していく所存でございます。スタッフ一同研鑽してまいりますので、どうぞお気軽にご来院下さい。

医学博士、呼吸器専門医
たじま内科クリニック院長 田島 俊児

初診の方 事前申し込み

経歴

1987年 群馬県立前橋高等学校 卒業
1994年 島根医科大学 医学部医学科 卒業
1994年 群馬大学 第二内科 研修医
1996年 自治医科大学 呼吸器内科 臨床助手
1998年 群馬大学 第二内科 医員
2000年 自治医科大学 呼吸器内科 病院助手
2005年 自治医科大学 呼吸器内科 講座助手
2005年 新潟大学 第二内科 医員
2009年 新潟大学 医学部内 非常勤講師
2011年 済生会新潟第二病院 呼吸器内科部長

専門医・資格

  • 日本内科学会/認定内科医・総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会/専門医・指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会/気管支鏡専門医・指導医
  • 日本アレルギー学会・内科/専門医
  • 日本がん治療認定医機構/がん治療認定医
  • 日本医師会/認定産業医
  • 臨床研修指導医
  • 難病指定医
  • 緩和ケア研修会修了者

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本感染症学会
  • 日本肺癌学会
  • 米国胸部疾患学会

賞罰

科学研究助成事業
骨髄間葉系幹細胞から肺胞上皮への分化・誘導と治療的応用性に関する研究
押川 克久 → 田島 俊児
【研究期間】2003年度~2004年度
【研究分野】呼吸器内科学
【研究種目】基盤研究(C)
【研究機関】自治医科大学
  • 平成16年度自治医科大学医学部研究奨励金受賞
  • 平成17年度第二回北関東信越呼吸器フォーラム優秀賞
  • 平成18年度新潟大学プロジェクト推進経費(若手研究者奨励研究)採択
  • 平成19年度新潟大学プロジェクト推進経費(若手研究者奨励研究)採択
  • 平成19年度公益信託『岡本敏記念肺線維症研究基金』助成金受賞
  • 平成19年度島根大学医学部萌雲会医学研究・医学教育奨励賞
  • 平成20年度第11回公益信託『永尾武難病研究基金』研究助成金受賞

研究業績リスト

原著論文

  1. 1.Tanaka J, Tajima S, Asakawa K, Sakagami T, Moriyama H, Takada T, Suzuki E, Narita I. Preventive effect of irbesartan on bleomycin-induced lung injury in mice. Respir Investig. 2013 Jun;51(2):76-83
  2. 2.渡辺憲弥, 田島俊児, 田中淳一, 森山寛史, 中山秀章, 寺田正樹, 高田俊範, 鈴木栄一, 成田一衛:急速に進行する間質性肺炎に対する抗凝固療法併用の有効性についての検討・日呼吸会誌, 49(6): 407-412, 2011
  3. 3.田中淳一, 田島俊児, 岡島正明, 島岡雄一, 森山寛史, 寺田正樹, 鈴木栄一:咽頭と気管に再発したMALTリンパ腫の1例・気管支学, 33(1): 652-657, 2011
  4. 4.Shimaoka Y, Tajima S, Fujimori F, Yamabayashi C, Moriyama H, Terada M, Takada T, Suzuki E, Bando M, Sugiyama Y, Narita I. Effects of IS-741, a synthetic antiinflammatory agent, on bleomycin-induced lung injury in mice. Lung. 2009; 187:331–339.
  5. 5.Yamagishi M, Tajima S, Suetake A, Kawakami H, Watanabe T, Kuriyama H, Takada T, Suzuki E, Gejyo F. Dermatomyositis with hemorrhagic myositis. Rheumatol Int. 2009; 29: 1363–1366.
  6. 6.田中淳一, 田島俊児, 伊藤 竜, 島岡雄一, 栗山英之, 各務 博, 寺田正樹, 高田俊範, 下条文武, 鈴木栄一, 吉澤弘久, 成田一衛:急速な肺内転移を来たし呼吸不全にて死亡した進行非小細胞肺癌の1例・日呼吸会誌, 47(7): 652-657, 2009
  7. 7.Tajima S, Bando M, Ishii Y, Hosono T, Yamasawa H, Ohno S, Takada T, Suzuki E, Gejyo F, Sugiyama Y. Effects of edaravone, a free radical scavenger, on bleomycin-induced lung injury in mice. Eur Respir J. 2008 Nov;32(5):1337-43.
  8. 8.島岡雄一, 田島俊児, 古塩奈央, 富士盛文夫, 津畑千佳子, 小屋俊之, 森山寛史, 寺田正樹, 高田俊範, 下条文武, 長谷川隆志, 鈴木栄一:汎下垂体機能低下症をきたした中枢神経サルコイドーシスの1例・日呼吸会誌, 46(10): 814-819, 2008
  9. 9.Tajima S, Soda M, Bando M, Enomoto M, Yamasawa H, Ohno S, Takada T, Suzuki E, Gejyo F, Sugiyama Y. Preventive effects of edaravone, a free radical scavenger, on lipopolysaccharide-induced lung injury in mice. Respirology. 2008; 13: 646-653.
  10. 10.Tajima S, Bando M, Yamasawa H, Ohno S, Moriyama H, Terada M, Takada T, Suzuki E, Gejyo F, Sugiyama Y. Preventive effect of hochu-ekki-to, a Japanese herbal medicine, on bleomycin-induced lung injury in mice. Respirology. 2007; 12: 814-822.
  11. 11.Tajima S, Bando M, Ohno S, Oshikawa K, Tominaga S, Itoh K, Takada T, Suzuki E, Gejyo F, Sugiyama Y. ST2 gene induced by type 2 helper T cell (Th2) and proinflammatory cytokines stimuli may modulate lung injury and fibrosis. Experimental Lung Research. 2007; 33: 81-97.
  12. 12.Shimizu T, Fujimori F, Shimaoka Y, Narita J, Takada T, Tajima S, Moriyama H, Terada M, Suzuki E, Gejyo F. Isolation and immunophenotyping of mononuclear cells from human lung tissue. Intern Med. 2007;46(4):163-9
  13. 13.Tajima S, Hironaka M, Nakazawa S, Bando M, Ohno S, Okazaki H, Saito K, Takada T, Suzuki E, Gejyo F, Sugiyama Y. Alveolar hemorrhage in a patient with sarcoidosis. Sarcoidosis Vasc Diffuse Lung Dis. 2006; 23: 236-237.
  14. 14.Tajima S, Bando M, Yamasawa H, Ohno S, Moriyama H, Takada T, Suzuki E, Gejyo F, Sugiyama Y. Preventive Effect of Hochu-ekki-to on Lipopolysaccharide-Induced Acute Lung Injury in BALB/c Mice. Lung. 2006; 184: 318-23.
  15. 15.Tajima S, Hironaka M, Oshikawa K, Bando M, Ohno S, Saito K, Sohara Y, Sugiyama Y. Intrathoracic Sporadic Desmoid tumor with the beta-catenin gene mutation in exon 3 and activated cyclin D1. Respiration. 2006;73(4):558-61.
  16. 16.大門皇寿, 田島俊児, 坂東政司, 大野彰二, 弘中貢, 杉山幸比古:肺動脈原発の線維肉腫の1例・日本呼吸器学会雑誌(1343-3490)44巻4号 Page319-324(2006.04)
  17. 17.Daimon T, Tajima S, Oshikawa K, Bando M, Ohno S, Sugiyama Y. KL-6 and surfactant proteins A and D in serum and bronchoalveolar lavage fluid in patients with acute eosinophilic pneumonia. Intern Med. 2005; 44: 811-817.
  18. 18.Tajima S, Oshikawa K, Tominaga S, Sugiyama Y. The increase in serum soluble ST2 protein upon acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis. Chest. 2003; 124: 1206-1214.
  19. 19.Tajima S, Kon H, Oshikawa K, Bando M, Ohno S, Sugiyama Y. Hypersensitivity pneumonitis induced by Konjak flour and powdered Hijikia fusiforme. Intern Med. 2003; 42: 846-849.
  20. 20.Tajima S, Sando Y, Maeno T, Sagawa N, Nara M, Maeno Y, Nakagawa J, Ito T, Hoshino Y, Suga T, Arai M, Kurabayashi M. Increased serum thymidine kinase activity in acute sarcoidosis. Intern Med. 2002; 41:129-132.
  21. 21.徳永隆成, 大野彰二, 田島俊児, 押川克久, 弘中貢, 杉山幸比古:尋常性乾癬に合併したusual interstitial pneumonia(UIP)の1例・日本呼吸器学会雑誌(1343-3490)40巻8号 Page692-696(2002.08)
  22. 22.中澤晶子(自治医科大学 呼吸器内科), 大野彰二, 田島俊児, 小林晃, 作直彦, 押川克久, 杉山幸比古:APC(argon plasma coagulation)と高周波スネアの併用で気管支鏡下に切除した腎細胞癌気管内転移の1例・気管支学(0287-2137)24巻4号 Page313-317(2002.05)
  23. 23.田島俊児,杉山幸比古:漢方補剤・補中益気湯はラット肺胞マクロファージからのTNF-α産生を増強する・薬理と治療 29 (4):239-243,2001
  24. 24.Aoki F, Sando Y, Tajima S, Imai K, Hosono T, Maeno T, Suga T, Sugano J, Shitara Y, Kurabayashi M. Invasive pulmonary aspergillosis in a puerperant with drug-induced agranulocytosis. Intern Med. 2001 Nov;40(11):1128-31.
  25. 25.Kawamura T, Sando Y, Tajima S, Hosono T, Sato M, Maeno Y, Maeno T, Suga T, Kurabayashi M, Nagai R. Pulmonary intravascular lymphoma complicated with Pneumocystis carinii pneumonia: a case report. Jpn J Clin Oncol. 2001 Jul;31(7):333-6.
  26. 26.Oishi Y, Sando Y, Tajima S, Maeno T, Maeno Y, Sato M, Hosono T, Suga T, Kurabayashi M, Nagai R. Indomethacin induced bulky lymphadenopathy and eosinophilic pneumonia. Respirology. 2001 Mar;6(1):57-60.
  27. 27.Maeno Y, Sando Y, Ubukata M, Maeno T, Tajima S, Hosono T, Sato M, Tsukagoshi M, Suga T, Kurabayashi M, Nagai R. Pulmonary nocardiosis during immunosuppressive therapy for idiopathic pulmonary fibrosis. Respirology. 2000 Dec;5(4):393-5.
  28. 28.池内秀和(群馬大学 第2内科), 山洞善恒, 田島俊児, 佐藤真人, 細野達也, 前野敏孝, 前野有理, 須賀達夫, 倉林正彦, 永井良三:人工呼吸器管理を要した,PL顆粒TMによる薬剤性肺炎の1例・日本呼吸器学会雑誌(1343-3490)38巻9号 Page682-686(2000.09)
  29. 29.山洞善恒(群馬大学 第2内科), 中川純一, 須賀達夫, 塚越正章, 前野敏孝, 前野有理, 田島俊児, 小板橋紀通, 相原利一, 高柳昇, 生方幹夫, 茂木充, 永井良三:Multicentric Castleman's diseaseの胸部画像所見はリンパ節腫脹と間質性肺炎や胸水貯留である・臨床放射線(0009-9252)44巻1号 Page147-152(1999.01)
  30. 30.田島俊児,坂東政司,山沢英明,石井芳樹,北村諭:繰り返す喀血に対し,気管支動脈塞栓術が有効であったKartagener症候群・呼吸17:190-191,1998

総説・著書

  1. 1.寺田正樹、田中淳一、田島俊児、森山寛史、山本 尚、斉藤康晴、高田俊範、鈴木栄一:病理組織パターンがIIPsの“Others”とされる間質性肺炎の検討・厚生労働科学研究班会議—特発性肺線維症の予後改善を目指したサイクロスポリン+ステロイド療法ならびにNアセチルシステイン吸入療法に関する臨床研究—平成20年度・分担研究報告書:83-88,2009
  2. 2.田島俊児、富士盛文夫、島岡雄一、森山寛史、寺田正樹、高田俊範、下条文武、鈴木栄一:マウスLipopolysaccharide(LPS)誘起性急性肺損傷モデルにおけるMontelukastおよびPioglitazoneによる抑制効果の検討—・厚生労働科学研究班会議—特発性肺線維症の予後改善を目指したサイクロスポリン+ステロイド療法ならびにNアセチルシステイン吸入療法に関する臨床研究—平成19年度・分担研究報告書:86-91,2008
  3. 3.成田淳一、坂上拓郎、田島俊児、小屋俊之、森山寛史、寺田正樹、高田俊範、長谷川隆志、下条文武、鈴木栄一:間質性肺炎に対するシクロスポリン(CyA)併用免疫抑制療法—多発性筋炎—皮膚筋炎症例の検討—・厚生労働科学研究班会議—特発性肺線維症の予後改善を目指したサイクロスポリン+ステロイド療法ならびにNアセチルシステイン吸入療法に関する臨床研究—平成18年度・分担研究報告書:86-89,2007
  4. 4.田島俊児、坂東政司、卯木希代子、山沢英明、大野彰二、森山寛史、寺田正樹、高田俊範、鈴木栄一、下条文武、杉山幸比古:マウスBleomycin肺線維症モデルに対する補中益気湯の予防効果について・漢方と免疫・アレルギー vol.20 Page 20-30,2006
  5. 5.高田俊範、長澤芳哉、田島俊児、成田淳一、森山寛史、寺田正樹、鈴木栄一、下条文武:当院における間質性肺炎急性増悪症例に対するPMX-DHPの使用経験・厚生労働科学研究班会議—特発性間質性肺炎の画期的治療法に関する研究—平成17年度・分担研究報告書:89-92,2006
  6. 6.杉山幸比古、田島俊児、坂東政司、卯木希代子、大野彰二、成田淳一、森山寛史、寺田正樹、高田俊範、長谷川隆志、塚田弘樹、鈴木栄一、下条文武:補中益気湯による肺障害抑制効果の検討・厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)—慢性閉塞性肺疾患に対する漢方治療の有用性評価—平成17年度総括・分担研究報告書:34-41,2006
  7. 7.田島俊児,細野達也,山沢英明,押川克久,坂東政司,大野彰二,杉山幸比古:LPS-induced acute lung injury modelにおける漢方補剤・補中益気湯の効果について・漢方と免疫・アレルギー vol.18 Page 10-17,2005
  8. 8.田島俊児,山洞善恒:薬剤性肺炎・ケースアプローチ内科学(中外医学社):Page 224-229,2005
  9. 9.田島俊児,弘中貢,坂東政司,大野彰二,斉藤建,杉山幸比古:b-catenin gene mutationがみられたDesmoid tumorの1例・分子呼吸器病 vol.9 no.1 Page 72-76,2005
  10. 10.田島俊児,坂東政司,大野彰二,杉山幸比古:転移性肺癌・画像でひもとく呼吸器疾患へのアプローチ(文光堂):Page 138-144,2004
  11. 11.田島俊児,押川克久,大野彰二,杉山幸比古:急性好酸球性肺炎・画像でひもとく呼吸器疾患へのアプローチ(文光堂):Page 90-94,2004
  12. 12.辻田章博,田島俊児,石井義和,加藤知子,小林晃,坂東政司,大野彰二,杉山幸比古:当科におけるKartagener症候群例の検討・Therapeutic Research vol.25 no.7 Page 1509-1511, 2004
  13. 13.田島俊児、押川克久、大野彰二、杉山幸比古:マウス肺線維化モデルにおけるST2発現に関する検討・厚生科学研究特定疾患対策研究事業—びまん性肺疾患研究班—平成14年度研究報告書:61-66,2003
  14. 14.出浦弦、久保惠嗣、田島俊児 他:激しい咳嗽、喀痰、咽頭痛を主訴に受診した初老女性・内科専門医会誌 15 (2):300-312,2003
  15. 15.田島俊児,押川克久,大野彰二,杉山幸比古:急性好酸球性肺炎・Medical Practice 19 (5):879-883,2002
  16. 16.押川克久、田島俊児、大野彰二、杉山幸比古:特発性肺線維症における血清ST2蛋白濃度の検討・厚生科学研究特定疾患対策研究事業—びまん性肺疾患研究班—平成13年度研究報告書:133-137,2002
  17. 17.山洞善恒(群馬大学 第2内科), 谷口靖広, 田島俊児, 細野達也, 梅沢公彦, 倉林正彦, 永井良三:Bedside Teaching 肺高血圧に対するNO吸入療法・呼吸と循環(0452-3458)48巻4号 Page383-391(2000.04)
  18. 18.田島俊児、伴野祥一:プラダーウィリ症候群・今日の診断と治療 内科130症例に学ぶ:454-455, 1995